【認定支援機関による経営改善計画書策定支援】

  【認定支援機関を活用した経営改善計画書策定支援のご案内】

 

    〜認定支援機関による経営改善計画策定支援事業とは〜

 中小企業庁のホームページには、「借入金の返済負担等、財務上の問題を抱えていて、金融支援が必要な中小企業・小規模事業者の多くは、自ら経営改善計画等を策定することが難しい状況です。こうした中小企業・小規模事業者を対象として、中小企業経営力強化支援法に基づき認定された経営革新等支援機関(以下「認定支援機関」という。)が中小企業・小規模事業者の依頼を受けて経営改善計画などの策定支援を行うことにより、中小企業・小規模事業者の経営改善を促進します。」と書かれています。

 また、「全都道府県に設置されている中小企業再生支援協議会に『経営改善支援センター』を新設しました。本事業は、一定の要件の下、認定支援機関が経営改善計画の策定を支援し、中小企業・小規模事業者が認定支援機関に対し負担する経営改善計画策定支援に要する計画策定費用及び フォローアップ費用の総額について、経営改善支援センターが、3分の2(上限200万円)を負担するものです。」と書かれています。

 つまり、事業の流れは下記のようになり、本来計画策定をするために事業者が支払わなければならない費用の3分の2(最大200万円)を国が負担するという事業です。ただ誰でもが支援をできるわけではなく、認定支援機関が支援をする時に利用ができる制度です。

 

 

★このような方にお勧めです!

 

金融機関への返済条件等を変更し資金繰りを安定させながら、

売上を増加させたい

人件費以外でコストを削減したい

黒字体質の企業に転換させたい

◎業績悪化の根本的な課題を見つけたい

◎従業員に会社の方向性を示したい

◎計画策定後も継続的にフォローアップをお願いしたい

 

【弊社が経営改善計画を策定した場合のメリット】

 

図1689452.jpg

 

   図10157.jpg

   

       

 

 

     〜利用申請から支払決定までの流れ〜

 図165472.jpg

  

  図298764.jpg