<経営革新とは>

◎経営革新計画は、中小企業新事業活動促進法に基づく、国の中小企業政策の中の1つです。

 

 

 ◎平成11年7月より始まり、いまも続いているロングランの政策であり、これまで延べ68、370社(平成29年3月現在)の中小企業が認定を受けています。

 

 

 ◎認定は、本社所在地の都道府県が行い、認定を受ければ、知事名で経営革新計画認定証書が送られてきます。(つまりこれからやろうとする事業計画に対して各知事のお墨付きがいただけるということです。)

 

 

 ◎また、認定後は、国や各都道府県が用意した補助金や低利融資などに有利になるなどのメリットがあります。

                 <弊社が経営革新計画認定を勧める理由>

 例えば、老舗企業の構成比は2011年以降、6年連続で30%以上が続いています。老舗企業は不動産や内部留保などの「資産」が厚く、金融機関や取引先の信用を得やすいという強みがあります。しかしながら、その強みの資産はデフレで価値が目減りし、金融庁は過去の業績や個人保証、担保などに依存した「日本型金融」の脱却を目指すなど、企業を取り巻く環境は大きく変化しています。過去の成功体験にしがみつき時代の変化に適応できず業績悪化から倒産に至るケースも増えています

  1234567.jpg

 いまのこの急激な時代の流れ変化に伴う顧客の嗜好や生活環境の変化には、例え老舗企業であっても変化に柔軟に対応しなければ、倒産してしまう時代です。

 

生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである。

                         〜チャールズ・ダーウィン〜

 

 

 つまり経営革新とは、そうならないために、中小企業事業者が、「変化に対応し、生きる残るための考え方」を、習得するための技法なのです。

 

 

人に魚を与えれば一日で食べてしまうが、釣りを教えれば一生食べていける。                                〜老子〜 

 

             <弊社の経営革新計画書作成支援>

 

〜計画書作成の支援方法は2つのケースがございます〜

 1.事業者が作成した計画書の添削指導をする支援

 2.事業者からヒアリングを行い、代書にて計画書を作成する支援

 ※本来は、事業者が自ら作成した計画書の添削指導をする支援が望ましいと思いますが、どうしても自分の思いを言語化することが苦手で苦痛と感じられる事業者の方も少なくないのも現実問題としてございます。一方でこのような方は、これまでにないような素晴らしいアイデアをお持ちの方が少なくありません。折角素晴らしいアイデアをお持ちでありながら、言語化が苦手なせいで申請を諦めるのはもったいない話です。弊社はこのような事業者の方がストレスなく申請ができるように支援をいたします。 

 

〜弊社の経営革新計画書作成支援の特徴〜

◎豊富な実績

 弊社はマーケティングに強みをもっており、またこれまでに支援した200件以上の企業様が経営革新計画の承認を受けています。

 

◎実現可能性が高い計画

 弊社の経営革新計画書の作成支援の特徴は、100%認定レベルの計画書の作成の支援をするのは勿論のこと、即実行に移せる実現可能な成果が出やすい支援を行います。

 

◎計画承認後のサポート

 しかしながら、様々な理由で、折角認定を受けながらも実行に移せない事業者も珍しくありません。特に新しいことに挑戦するため、時間と手間がかかることも少なくなく、既存事業をやりながらのことですので、なかなか前に進めないという相談を受けることも少なくありません。また、経営革新計画は戦略レベルでの話が主ですので、細かな戦術レベルで悩まれている企業様も少なくありません。そこで、弊社では具体的に戦術に落とし込むための支援(セールスファネルやUSP作りなど)、計画承認後のフォローアップや販売支援のお手伝いもさせていただきます。

 

1.事業者が作成した計画書の添削指導をする支援   

      1万円/時間+消費税+交通費 

2.事業者からヒアリングを行い、代書にて計画書を作成する支援

      20万円(消費税別)+交通費

 

3.マーケティングサポート支援  ※お得!!

 (内容)認定計画書作成支援+認定後の販売マーケティングサポート付き(3か月間)

   料金 30万円+消費税+交通費

 

 ※原則訪問させていただき支援を行いますが、距離的な問題やどうしても時間が合わない方は、スカイプによる支援も承っております。

                   <経営革新事例企業紹介>

 ◎支援先企業名  

  株式会社山口油屋福太郎様

 

 <経営革新計画のテーマ>

 「地域特産品入りご当地めんべいの開発と販路開拓」

 

 <支援の成果>  

  経営革新計画を作成したことで、計画がより明確になり、計画値以上のペースで進捗しているとの話を伺っています。添田の新工場設立時の低利融資の支援も円滑に行われ、大変喜んでいただくことができました。

有難うございます。             

 

 <且R口油屋福太郎様からのメッセージ>

 経営革新計画の立案は事業全体の見直し、時代の変化を踏まえ、今後あるべき事業構造のチャレンジの機会となりました。

 「ご当地めんべいの開発と販路開拓」を計画のテーマに、多角的な要因分析による計画立案と実践により、北海道(小清水町)と福岡県(添田町)に新工場を設立しました。

 お陰様で、当事業は順調に拡大中で、メーカー機能面の増強につながってきております。

 蜷謳カには、適宜適切なご指導をいただき、厚く御礼申し上げます。

 

  yjimage0321.jpg

◎支援先企業    

   株式会社ASC様

 

<経営革新計画のテーマ>

「JET承認無電極ランプに国内初の蓄光材を追加した誘導補助灯開発による販路拡大」

 

<支援の成果>

 経営革新計画承認後、大手総合メーカーとの提携による販売面や研究面の強化ができ、サポインも申請中と伺っております。また当商品は平成28年度の福岡市トライアル認定商品にも選ばれるなどの、素晴らしい成果がでているようです。

  

<晦SC様のメッセージ>

  今回、高柳先生にご指導頂き、経営革新の認定を頂く事が出来ました。

これにより、取引先からの信用も増し、次へのステップの足掛かりとなっております。

 100011.jpg 

一般財団法人電気安全環境研究所(JET)で国内初、灯具一体型での無電極ランプ適合証明取得。

●LED照明とは違い眩しい光ではなく、面発光による「空間照度」が高く、太陽光の質に近い

「人の目に優しい光」の節電照明器具です。

●水銀灯と比べると、寿命が約5倍で、消費電力が約60%削減される、省エネ効果絶大の照明です。

 例)

 98765.jpg  →  10987.jpg

  使用前(水銀灯)      使用後(無電極ランプ) 消費電力削減−67% 

  ◎支援先企業名           

   HONO様

  

  <経営革新計画のテーマ> 

福岡県産黒豆【筑前クロダマル】入り無添加レトルトカレーなどの商品開発及び販売」

 

  <支援の成果> 

 カレーショップの強みを生かしたクオリティが高い新たな福岡名物とも言える無添加のレトルトカレーが出来上がりました。幸先よく、取引先も増えているようで、新たな販売の柱への一歩を踏みだしています。    

 

  <HONO様のメッセージ>