【ベトナム視察旅行】

 2017年8月2日〜5日まで、視察のためにベトナムへ行ってきました。今回は、ベトナム最大の都市ホーチミン、首都ハノイ、世界遺産ハロン湾の3か所を回ってきました。

 ベトナムは、ご存知の通り、96年間フランスの統治下にありましたが、革命家で、英雄であり、建国の父と呼ばれるホー・チ・ミン氏がベトナム革命を起こし、独立しました。しかし、その後アメリカがベトナム南部を占領し、ベトナム戦争に発展したという歴史をもちます。

 ベトナム戦争では、北が勝ったため、社会主義国家です。学校では、今更感がありますが、驚いたことにマルクス・レーニン主義を教えているようです。またハノイには、ロシアにもほとんど残っていないといわれているレーニン像が立っていました。

  ベトナムの人口は9千万人に対して、バイクの数は5千万台と、保有率は約1.8人に1台と、とにかくバイクが多い。そして、その7割がホンダ製というお話でした。

   2A4D9A3B1.jpg


 ホーチミン。元はサイゴンという名前です。しかし現地人は、ホーチミンという名前はほとんど使っておらず、サイゴンと呼んでました。ベトナム戦争が終わって、まだ50年経っていないせいもあるかもしれませんが、まだまだ遺恨があるような感じがしました。

 

    2A4D9A3B3.jpg  

  中央郵便局(元駅だった所が郵便局にリメーク)       

       2A4D9A3B2.jpg

   ホーチミンの夜景

   

 ホーチミンから1800kmの距離で、飛行機で1時間30分程度かかりました。ハノイには、フランスからの独立革命とベトナム戦争で北を指揮した英雄ホー・チ・ミンのお墓があり、永遠の眠りについた状態(ガラスケースで冷凍保存)を保ったまま安置されていて、時間帯等が決まっていますが、参拝ができるようになっています。

  

     2beto5.jpg   2beto6.jpg    2A4D9A3B6.jpg

   世界遺産タンロン城址     ホーチミン廊(ホーチミン氏がここに眠っている)

 

     2A4D9A3B1A3B0.jpg   2A4D9A3B8.jpg  

    世界遺産ハロン湾クルーズ      ティエンクン鍾乳洞

 

      2A4D9A3B9.jpg    

    ハノイ空港(日本のODAにより建てられた)